04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

私とラグナロク in ぐらんまるにえ

2009年09月20日
友人のふぇるっちの記事にあやかって、私も久々にROを振り返ってみようかなと。

私がROを知ったのは、およそ6年前かな?

元々ネカフェ好きで、よく漫画を見に通っていたのだけど、
たまたま見たい漫画が取られてて…暇つぶしに始めてみたのデス。

最初に作ったのは騎士でした。
初心者修練所の性格判断では、確かマジシャンが良いと言われた気がシマシタが、
私の当時の頭の中身では、

マジ系=MP使いまくり : 回復=宿屋か非売品や高い回復剤

という図式があり、ラスボスでさえエリクサーを使うのをためらうケチなワタクシとしては、
最初のキャラにマジ系を選ぶのは躊躇してしまうのデス。

そういうワケで、1stキャラとなった(そして今ではお亡くなりになった)騎士ですが、
他の初心者様と同様、意味も無くLUKに振ったりと、ほぼフラットなステータスで
ポポリンが強敵だったり、恐る恐る伊豆Dでオボンヌやマルスにイジめられたり、と
全てが新鮮で楽しい日々を送っておりマシタ。

デスが、MMOをやるからには、いつまでもソロプレイヤーでは悲しすぎるというワケで、
当時、辻支援にとても感銘を受けていた私は、プリーストを作って辻支援しまくろう、と
作成したキャラが、今の私を作り上げた、とても思い出深いキャラ「ぐらんまるにえ」デス。

gran.jpg

全財産を投売り、なぜかSTR初期値のくせに当時はかなり高価だった水ソドメを買い、

(しかも間違えてアイスではなく、アースを買い、露店主さんに謝って無償で交換して
頂いたのは今でも良い思い出デス)

エルダーウィローをひたすら殴りながら、辻支援をしまくる、卵殻とサングラスを着けた
面妖なアコライト…いや、アホライトがそこにいマシタ。

少しずつではありますがレベルが上がり、色んなHPで知識を蓄え、
「ニューマとHLがあれば、アマツ畳の迷宮で銃奇兵が狩れる」という情報を知り、
他のPTのドサクサにまぎれてクエストをこなし、特攻しました。

しかし、いくらニュマとHLがあったところで、使い方を知らなければどうしようも
ないのデス。そして、銃奇兵にニュマをぶつけるアホライトがそこにいマシタ。

当然のごとく最初の一体目で屍となり、これぢゃイカン、と今更思い、
死体のまましばらく放置し、他の人の狩り方を見学しようと思いマシタ。

そのとき、最初に通りがかったPTリーダーが、今でも腐れ縁の友人となっている
サンタさんデス。私を起こし、PTに加えて共に狩りをし、そのまま溜まり場へと
連れていかれ、呆気にとられたまま、なし崩しにギルドに入れられマシタ。

それが「snow crystal」デシタ(実際はその2ndギルド)。

そこで私は多くの友人と出会い、今でも深い思い出を残す相方と出会い、
色々な話をし、色々な場所を巡り、色々な遊びをし、今に至っていマス。

そういう意味で、私のROに分岐点を与えた「真の1stキャラ」と言えマス。

このキャラがいなければ、私は誰にも会う事もなく、ソロプレイヤーのまま飽きてしまい、
ROを辞めてしまっていたかもしれない。

このキャラを作り、それが元で多くの友人と出会い、今をもってROを楽しめている事を、
私はとても嬉しく思っておりマス。

このキャラの左手の薬指には、今でも相手のいなくなった結婚指輪、右手の薬指には
名前の残ったクリスマスリングが残っていマス。このクリスマスリングに名前が残って
いるかぎり、私はROを当時の相方の分まで楽しんでいこうと思っておりマス。

いつか転生できたらいいネ!
スポンサーサイト
雑記 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
No title
いろいろな思い出が詰まっているんですね~
私もファーストはもちろんですが、他のキャラも思い出がありすぎて消せません^^;
もし6キャラ以外に作りたくなったら、どうしようかとw
わたしもどのキャラも思い出が多くて消せません;;
…え?ホントウデスヨ?

当時5キャラ埋まっていたので、しかたなく2垢に手を出してしまったわけです。
でも、今はメイン垢に戻してサブ垢は封印してしまってますね~

と、書いたものの、癌砲さんがカムバックしてくれたおかげで久々のサブ垢も楽しかったり。

まずは今の6キャラを本当に消すかどうか悩むまで頑張ってからでいいと思いますよ~
No title
他のキャラはスナだろうと葱だろうと
消そうと思えば躊躇無く消せる自信はあるなぁ。

もちろん思い出はあるけど、その思い出を継承して
次に作るキャラに持ち越せばいいって考えだからね。

ただ、このキャラだけは別。
動かすことはもう無いかもしれないけど、
胸にしまっておきたい大切なキャラですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。