03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

再び休養へ

2010年07月12日
無料開放のおかげで久々にROを堪能させて頂きマシタ。まずはこの企画に感謝を。

そして、金曜、土曜の2日間だけで十分におなか一杯になりマシタ。

ソロでは集中力が30分で切れ、ヤル気が起きマセン。

PTは楽しいけれど、みんなの都合がありマス。

PTプレイのためだけに課金をするのは躊躇ってしまいマスネ。

まぁガンホーコインが3,000あるので、いつでも復帰は出来るのデスが、

まだまだ充填期間になりそうデス。

ただ、さすがに「ひぐらし」も「うみねこ」もおなか一杯になったので、

何か新しいものを探そうと思っておりマス。

または久々にMabinogiやパンヤに戻るのも悪くないかなと。

今後どうするかはまだ分からないけれど、おそらくROは待っていてくれるでしょう。

そのうちひょっこり戻るかも知れないデスネ。

戻っていた期間に遊んでくれた皆さんに感謝を。

そして、まだ続くであろうROに「またねっ!」
雑記 | コメント(2) | トラックバック(0)

R到来

2010年07月07日
ついにきましたね~。

今、色んなとこから情報収集している段階デスが、相対的にAGIが優遇されてるようで

私としては嬉しい限りデスネ。


金曜(だっけ?)からの無料開放で遊びに行く予定デスが、その時にLKとスナイパを

転職させようと思っておりマス。


実はステリセの噂を聞いた時からLKは現在のAGI両手から槍に転向させる予定だったの

デスが、SpPが両手剣でも発動可能になり、AGIの相対強化にも伴って

気持ちがグラついておりマス。実はすでにアルシェピースとカルドを買ってあり、

LKのASPD190の前提だったヘルモーズを売却しておりマス。

う~ん、VFは残ってるから現状維持でも構わないんだけど、どうしようかな・・・?


レンジャーについては、ステはそのまま。狼と心中する予定デス。

ただ、罠が大強化されており、サブウェポンを弓にするか罠にするかで、

若干ステに変わりが出てきそうデス。鷹スキルを全部削除できるメリットで

罠取得に対するスキルPは問題ないのデスが、これもどうしたものか・・・?


まぁ、いずれにせよ、遊びに行ってから判断しますカネ(--:
雑記 | コメント(3) | トラックバック(0)

久々に更新(ひぐらし&うみねこネタバレ注意)

2010年07月04日
ご無沙汰してオリマス。

最近は養生をしつつ、ひたすら「ひぐらし」と「うみねこ」の世界を満喫しておりマシタ。

竜騎士先生最高デス。

「うみねこ」もEp.7が8/15に発売発表が出て、今から楽しみで興奮が冷めマセン。



さて、今更「ひぐらし」にもう一度踏み込んだ理由デスが、

「うみねこ」のEp.6にてロジックエラー時のラムダの発言がどうしても気にかかった事と、

どうしてもベルンを嫌いきれない、同情せざるをえない気持ちが強く、

ベルンもまた被害者である事の確認というものデシタ。

ちなみに私の見解は、上位世界においてラムダは元々存在していた航海者の魔女であり、

フェザリーヌ(羽入)がGMを勤める「ひぐらし」のカケラの三四に力を貸した存在。

ベルンはフェザリーヌが駒から魔女に昇格させた存在だと認識しておりマス。

ラムダは「ひぐらし」の世界をゴールの無いロジックエラーと語っていマシタ。

そして、そのゴールを描く義務をフェザリーヌが放棄し、ベルンにやらせたとも。

「ひぐらし」の世界は昭和58年6月の世界を「誰も犠牲者を出す事無く」、

突破することがゴールのゲームデス。

そこに至るまでに、ベルンは100年を費やしマシタ。

Ep.6においてベルンは自身を「肉の味を覚えたバケモノ」である事を自覚しており、

それを教えたのはフェザリーヌだと語っておりマス。

ゲームを終わらせるために100年を費やし、心を壊したベルン。

そう考えると、Ep.5~6での非道な振る舞いも同情に値するのかナァと思いマス。


そうして始めなおした「ひぐらし」デスが、

私が一番好きなキャラは沙都子であり、一番心を痛めたEp.は「祟殺し編」デス。

殺人を肯定することは人間として許されるものではありマセンが、

兄として、それ以上の存在として沙都子を想った圭一が、鉄平を殺した事。

そしてL5再発症で疑心暗鬼の塊となった沙都子に突き落とされた悲しみ。

目を背けながらも理解出来てしまいマス。

だからこそ、私の一番好きなEp.は「皆殺し編」デス。

沙都子を取り巻く最悪のルールZ。それを最適解で、しかも圭一の本領を最大限に発揮し、

町会や園先家での啖呵で痛快に吹き飛ばす様は、何度観ても飽きマセン。

「祭囃し編」での裏山攻防戦と並んで1,2を争う名シーンだと思っておりマス。

次点で「罪滅し編」での圭一とレナの一騎打ちシーンでしょうかネ。

ちなみに、「うみねこ」で一番好きなシーンはEp.5の戦人覚醒シーンデス。



そんな感じで、もうしばらくは竜騎士先生の作品でゴハン3杯はいけそうデス。

一応3次職実装で様子見に遊びに行こうと思いマスが、まだROへの熱意は戻らず、

完全復帰は先の話になりそうデス。
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

再開、すぐ休止

2010年06月10日
う~ん、タイトル通りデス。

今月初頭に復帰したのデスが、ヤル気メーターが上がらず、また休止気味に。

現在は、アンティークと化したPS2を引っ張り出し、

観鈴に泣かされ、渚に泣かされ、今またアルルゥに泣かされそうになっているとこデス。

ROの方は目標が無いのが一番の弱り目で、狩りに意欲が沸かないんですよねぇ・・・。

何かまた燃えるものが見つかればいいのデスがorz
雑記 | コメント(4) | トラックバック(0)

うみねこ大考察その2 ネタバレ注意報

2010年05月24日
さて、前回の記事では「真犯人=朱志香」説と「ベアト、嘉音の正体」について触れマシタが、

今回は「戦人の正体」について考察してみようと思いマス。



Ep.4での「戦人は明日夢の息子ではない」、

Ep.5で出てきた19年前の男と戦人が出したもう一つの真実

Ep.6での「19・・・それは領主の本当の年齢」

これは、ひとつに収束出来ると思いマス。

つまり、戦人は19年前に夏妃に預けられた子供であるということデスネ。

そして、これは「さいごのかぎ」様だけでなく、色々なところで語られていマスが、

19年前の子供=金蔵とベアトの子供ではないか?というものデス。

つまり、留弗夫との本当の関係は親子でなく、異母兄弟でありながら養子。

ここに至るまでには諸説ありマスが、私は赤子を抱いていたのは明日夢の母親ではないかと。

そして、転落時、明日夢の母親は何とか赤子をかばって赤子は生存。

しかしそれを夏妃に悟られると殺される可能性が高いので、ひっそりと匿い、明日夢の元へ。

明日夢の元に赤子を渡したのは熊沢ではないかと思いマス。

そして、出生の秘密と共に赤子を託された明日夢はそれを武器に留弗夫に言い寄り、結婚。

同時期に妊娠していた霧絵は死産し、明日夢に美味しい所を掻っ攫われる形になり、

以降、18年間嫉妬の炎を燃やすことになる・・・。怖いですネェ。

ですが、これならEp.4での縁寿の青字に反する事無く、存在出来るんですヨネ。

戦人の乗り物トラウマは、この転落事故から起きたものであり、

明日夢はこの話を元に自己のトラウマをでっちあげ、癒し系として武器にする。

これも怖い怖い。女の武器というやつデスネ。

ただ、これだけでは戦人が「マリアージュ・ソルシエール」を否定した事や、

対魔能力エンドレスナインの説明が上手く繋がらないので、もうワンプッシュ欲しいとこデス。

ところで、エンドレスナインと言えば、私が「うみねこ」の中で好きな曲の一つデスが、

一番好きな曲は、Ep.4での格闘シーンでの曲「Victima_propiciatoria」デス。

ちょいエスパニア風のかっこいい曲デスね~、大好きデス。



もうしばらくは、「うみねこ」の世界で楽しんでいけそうデス。
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。